ちょっとのんびり・おくつろぎの絵
「みんとふぁくとり~」blog。 絵とネコと音楽な生活。
http://mintfactory.blog18.fc2.com/

 

w09.jpg

つものように目を覚ますと、カラマリの目はすでに水面をこえて空を
見つめていました。
今日は、空だけではなくて、空を見せてくれる澄んだ海の水もしっかりと
見つめているカラマリでした。カラマリの海は今日もちょうどいいあたた
かさで、波もおだやかです。でも、空がこんなに青くはてしなく見えたこ
とは今までにありませんでした。


w10.jpg

10. 『ああ、夕べはよく寝たなあ。夢も見ないでぐっすり・・・』
とつぶやくと、カラマリはそばにいた友だちに、
『ねえ、水の外に出て空でも泳げるといいのにね!』と、元気よく叫んで
泳ぎはじめました。
友だちは『何言ってんだよ、朝から変だぞ、カラマリ!』と言って笑い出し、
その大きな笑い声がカラマリを追いかけていきました。


w11.jpg

11. 潮風にかくれていた海の精が目を向けると、水の中でつばさのように
ヒレを広げて、まるで空を飛ぶみたいに泳いでいくカラマリを、
地中海の太陽が見守るように照らしているのでした。

~おわり~


文作者のKWさんに、メッセージを書いてもらいました。
物語を読んでくださったみなさん、ほんとにありがとう。

持つべきものはお友達・・・でんな。
でも、みんととは・・・正直、腐れ縁でして(笑)。

いえいえ、冗談はまた考えるとして、
私の拙い物語にみんとの絵が命を吹き込んでくれました。
みなさんのコメントも楽しく読ませていただいてます。
ありがとうございます!地中海を訪ねたときにカラマリにも報告しておきます
(ってこいつ、ホントにいるんかい?)

みんとのサイトやブログにはもろもろの名前でお邪魔してますが、
最近はkwが定着したような・・・名前が多すぎるとの文句も受け止めながら(笑)。


口の悪いみんとも(おっと・・・)心は優しく、
私のようなわけのわからないもの書きもちゃんと相手にしてくれます。
おかげで、ぴょんたやカラマリがみなさんともつながりました。

持つべきものはお友達・・・でんな。
カラマリのように私は幸せもんなんです。

私はどうやら、前世はブラジルの原住民か何かだったようで・・・
鳴り物を聞くと体が動いてしまう、音使いだったりもします。

カラマリと同じで空も飛びたい・・・アントニオと同じで海にも潜りたい・・・


わけのわからないたくさんの望みが私たちを私たちにしているのでしょう。
みなさんの心をいっぱいにするそんな望みや願いをなくさないでくださいね。

心をこめて
kw
 
w04.jpg

の精は、『それはちっとも悪いことではないのです。
そんなに悩んでるなら、あなたが生まれた時の秘密を教えてあげましょう』
と言いました。
『あなたのたましいは本当はカモメのたましいで、カラマリとして生まれて
くる前、あなたはアントニオというカモメだったのですよ。』
『ぼくがカモメだったって?』 カラマリはとまどいながらも、
少しだけなぞがとけていくような気がしました。


w05.jpg

5. 『アントニオはいつも元気いっぱいで、この地中海でも有名な冒険好き
でした。ヨットのマストの間をスイスイとびぬけるすばしっこさが自慢で、
友だちをさそっては、競争ばかりしていました。』


w06.jpg

6. 『ところが、風の強い朝、アントニオは急にかわった風向きでおされた
帆とかたむいたマストにぶつかって気を失い、海に落ちてしまったのです。』
『じゃあ、ぼくは一度死んでしまったの?』
『ええ、カモメのアントニオとしてはね。』


w07.jpg

7. 『でもちょうどその時、カラマリ、あなたの卵が産みつけられていました。
それを見ていた私は、魚をとりに海にもぐるたびに
「海の中にこのままいられたらおもしろそうだな」と言っていたアントニオの
ことばを思い出して、アントニオのたましいをあなたの卵に忍び込ませたのです。
海は命をすいとる場所ではなくて、命をあたえる場所だからですよ。』


w08.jpg

8. 『じゃあ、ぼくはイカになったカモメ?』
『でも、新しい命とひきかえにアントニオの記憶は消されてしまいました。
目をさませば、あなたはこの夢も忘れてしまいます。
ただ、空へのあこがれは罪ではないということだけ、頭の中に残してあげ
ましょうね。』
そう言って海の精がかすみかけたので、カラマリがまばたくと、もうその
姿はありませんでした。
そして、カラマリもまた深い眠りについていました。
 
w00.jpg

はっ。新しい絵本のはじまり~
(文・KWさん 絵・あたし 表紙1枚、お話し11枚)


w01.jpg

1. 地中海の中から見上げる空ほど美しいものはないなあ・・・
とひとり言を言って、ソデイカのカラマリは、いつもこんなに空に
ひかれるのに、どうしてぼくには空を飛べるつばさがないのかと
ふと思いました。


w02.jpg

2. ローマやナポリの岸辺からくり出してくるヨットやボートの音が
かすかに聞こえてくるけれど、カラマリの住む海はちょうどよくあた
たかく、言うことなしのおだやかさです。
なのに、カラマリはくる日もくる日も空を見上げてしまうのです。
水の中は平和で仲間もたくさんいて、幸せな毎日。
カラマリは、不満やぜいたくを言っているとせめられそうで、家族や
友だちには何も言えません。


w03.jpg

3. ある夜、そんな気持ちがつのってか、カラマリの夢の中に海の精が
あらわれました。
水にすきとおるような姿はちょっと目をそらすと消えてしまいそうで、
カラマリはびっくりしたまま、じっと見つめました。
『カラマリ、あなたは空にあこがれるているのですね? 
こわがることはありません。私は海の精です。』
『こんなに海が好きなのに、空ばかり見上げてる。なぜなんだろう。
ごめんなさい。しからないで・・・』と、カラマリは半べそをかきました。


今日はここまで。
ところで余談。↓↓↓
 

>>>Read more

みんと

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ちょっとのんびり・おくつろぎの絵, all rights reserved.
まとめ